エディケアに副作用はある?避けた方が良いケースとは?

かつての元気を取り戻したい男性のために発売されたサプリメントがエディケアです。
エディケアは、薬ではなくてサプリメントなので副作用のリスクは少ないですが、避けたほうが良いケースについて検証してみました。

エディケアについての考察

エディケアにおいて注目すべきは、非常に高い品質で管理されている栄養補助食品であるという点です。
エディケアのメインの成分であるアルギニンと、ピクノジェノールを医薬品レベルでの管理体制で製造しており、着色料などの添加物が一切入っていません。
そういう面では、非常にユーザーの安全に考慮した製品であると言えます。
その他にもエディケアを始めるにあたって、薬との併用が可能かどうかを相談できる専用窓口もあります。
専用窓口は小林製薬の薬剤師が対応しますので、安心して相談することが可能です。
実際にところでは大半の薬との併用が可能なので、普段の生活で薬が欠かせない方でもエディケアのチャレンジは出来る可能性が高いです。

エディケアで起こりうる副作用について

エディケアを服用することによって発生する副作用のリスクはほとんどありません。
ただし規定量以上に摂取したり、胃腸の調子が悪い方についてはそのリスクは少しだけですが高まります。
胃腸が弱い人は、副作用として胃痛や胃もたれなどの症状が現れることが稀にあります。
自信がない方は、多めの水と一緒にエディケアを服用すれば大丈夫です。
これは副作用というより、併用を避けるべきケースについてですが、心臓病をわずらっている人やニトログリセリン製剤を服用している人のエディケアの利用は危険です。
また、腎臓の疾患を患っている方の服用も腎臓に負担がかかる可能性がありますので避けたほうが無難です。

エディケアは栄養補助食品として位置づけされており、安全性も非常に高いのですが稀に避けたほうが良いケースもあります。
現在、薬を服用している方は一度専用窓口を利用するようにすると良いでしょう。

投稿日:

Copyright© 小林製薬エディケアの効果や副作用、評判はどう?販売店はどこ? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.